メンズバッグ・財布の専門店 ファクタスオム > 基礎知識 > メンズバッグのマナー:ビジネスバッグのお作法

基礎知識

よくある質問:メンズバッグのマナー

ビジネスバッグのお作法

ビジネスバッグのお作法

ビジネスバッグはこう扱う!訪問先でのふるまい方

1、バッグは足元へ

取引先への訪問時、説明に必要な資料やノートパソコンなど、商談に必要な物を鞄に入れていきますね。

もし隣席が空いていたとしても、席の上にバッグを置くのはマナー違反です。バッグは足元に置きましょう。自立タイプが活躍します。

また、テーブル上も本来は荷物を置く場所ではなく、人の手が触れたり、食事をしたりなど、清潔であることが第一に優先される場所です。
そのテーブルの上に汚れているバッグを置くこともマナー違反になってしまいます。

バッグは足元へ

基本的に鞄やバッグは床に置くものですが、もしサイドテーブルが用意されている場合には、そちらに置くこともできます。

2、資料を取り出す場合は膝に置き、素早く

バッグの中から資料等を取り出す際は、まずバッグを膝の上にのせます。相手にバッグの中身が見えないようにスマートに取り出すのが大人のビジネスマン。中身をゴソゴソ……というのは良い印象を与えません。訪問前に必要な書類はまとめておいて、サッと取り出せるようにしましょう。

資料を取り出す場合は膝に置く

3、頻繁に取り出すものはサイドポケットに入れると便利

携帯やペンなど、いつも取り出すものはサイドポケットなど専用のポケットに入れると便利です。

4、携帯電話はマナーモードよりもサイレントモード

携帯電話の電源も訪問前に切っておくのが無難です。マナーモードでもバイブレーションの振動が聞こえてしまうと気になってしまうものです。電源を切らないまでも、サイレントモードに切り替えておくなどしておきましょう。

持ち手の幅

ファクタスオムBlog「マナー」関連記事

一覧に戻る

  • LINEで送る

バッグの特徴と選び方

メンズバッグの基礎知識

メンズバッグのマナー

財布・小物の基礎知識

素材の基礎知識

ビジネスマナー全般