もうすぐ梅雨明けの季節、天気が良い日には気分も盛り上がって
「そうだ、釣りに行こう☆彡」

という方も多いことでしょう。
私の父も釣り好きで、毎週末には釣りに出かけていました。
釣れた魚が良く夕飯の食卓にあがっていて、鮮度抜群の魚は美味しかったですね!
今は年を重ねて、釣りに出かける機会も減っているようですけど。

子供の頃の記憶なので、ちょっと不鮮明な部分はありますが、
魚釣りの時って、いろんな道具が必要で、それを鞄に詰め込んで持っていたような。

釣り用の重りがとても重たくて、リールもとても大きかった記憶があります。
今考えても、それだけでも結構な重量があったことでしょう。

なので、魚釣りに使う鞄ってのは、かなりの強靭さと、また水に強い必要があるわけですよね。
【Herring bone ヘリンボーン】
聞きなれない言葉かもしれませんね。
ヘリンボーンは伝統の国イングランドにて、現在も織り継がれている素材の一つで、崩れが少なく丈夫な天然素材です。

ちなみに、Herring boneとはニシンの骨を意味し、日本では杉綾織と呼ばれる織り方の名称です。
その生地にパラフィン加工を施し、抜群の撥水効果を付与したシリーズが、
「SILVER LAKE CLUB ヘリンボーンシリーズ」

235324_2

ボストンバッグ SILVER LAKE CLUB(シルバーレイククラブ) Herring bone(ヘリンボーン) No.235324-ike

 

アウトドアの中での過酷な使用に耐えうる鞄作りをメインテーマとして作られた同シリーズは、
徹底的にこだわった撥水機能を持つのはもちろん、膨大なデータを基に生み出されるデザイン性と機能性を持つ極上の逸品。

目指す処は『大人が人生を楽しむ為の本当の鞄』

人生を謳歌する「おとなの大人」に使っていただきたい鞄です。