雨の続く季節、革で出来たバッグを使う際には、ちょっと心配ですね。

朝から雨が降っているなら、ナイロン素材のバッグを選ぶとか準備も出来ますが、
突然の豪雨など来た時にはね。。
さて、そんな予期せぬ事態に対し、出来る限りの対処法をというお話です。

本日は、サービスマネージャーの松田がお送りさせていただきます。

あくまで一般的な対応になります。
お品物によっては、素材を傷めたり、変形・変色の原因となりますのでご注意ください。
大切なお品物は、メーカーもしくは皮革クリーニングの専門店へご相談下さい。

 

もし水に濡れてしまった場合は、柔らかい布で軽く押さえるようにしてすばやく水気をとり、陰干ししてください。
濡れた革は熱に弱いため、ストーブに当てたりスチームアイロンなどでいきなり高温にして乾かすのは厳禁です。

革製品は濡れると型崩れしやすくなりますので、出来る限り形を整えてから陰干ししましょう。
一度、中まで水がしみた革は乾燥すると革中の油分が不均一となり、部分的に硬化することがあります。
鞄の素材に適したお手入れ用のクリームでメンテナンスをしましょう。

ちなみに、「水染み(まだら模様になる)」が出来る原因は、
革が水に濡れた際に、革に付着していた汚れや、革を染めている染料が 「濡れた部分」から「乾いている部分」に向かって、広がるように移動していって 乾わいた結果が「水染み」のメカニズムです。

革のなめし方や、染料の種類によって、水染みに対して強かったり、弱かったりはあるようです。
特に「ヌメ革」は非常にデリケートなので、ご注意ください。

尚、水ぬれの対処に伴う破損等につきまして、弊社は一切の責任を負いかねます。
ご了承ください。

革製品と上手に付き合って、長くお使い頂けることを願っています。

 

 

メンテナンス用品として、Collonil社の各種クリーム・スプレーなどの取扱もございます。

コロニル 0045

コロニル 商品一覧